そもそも肌のことってしっていますか?

スキンケアしていこうと思ったはいいものの、いったい肌のことについてどれくらい知っているでしょうか。まず大事なことは自分の肌の状態を知ること。ということは、そもそも肌についてしっかりと知っておかないと、ちゃんとしたケアなんてできません。

そんな訳でまずはお肌についてお勉強していきます。

お肌ってなに?

お肌とは皮膚のことを指します。皮膚とは表皮・真皮・皮下組織の3つの層からなりたっています。それぞれに肌を健康に保つための役割と機能をもっているので、皮膚についてしっかりと学んでいきましょう。

表皮

皮膚の一番外側にある層で、外的な刺激から守ってくれます。表皮の部分には角質層があり、その角質層はバリア機能をもっていて、外からの細菌やウィルス、太陽光線などから肌を守ってくれます。また体内の水分を肌に閉じ込めておくためのフタの役割もしてくれています。

真皮

表皮の内側にある層で、厚さ1mm~1.5mm程度の層です。その層の約70%をしめていて、網目状張り巡らされているのがコラーゲン線維と呼ばれる組織です。そのコラーゲン繊維がしっかりと張っていることで、お肌にはハリと弾力があるのです。

そのコラーゲン繊維をつなぎとめる役目をしているのがエラスチン線維。お肌のハリや弾力を支えている大事な組織です。そしてその隙間を埋めるように存在しているのがヒアルロン酸などのゲル状物質です。このヒアルロン酸は水分を多く含んでいるため、肌に潤いをもたらしてくれます。

しかしこのエラスチン線維やヒアルロン酸というのは、加齢とともに減少してしまいます。それがシワやたるみの大きな原因となっていきます。

また、真皮の中には毛が生えてくる毛包や汗を出す汗腺、皮脂の分泌を促す皮脂腺、血管、リンパ管、神経といった様々な器官がそなわっていて、まさに皮膚本体といえる層です。

皮下組織

皮膚の一番内側にある皮下組織ですが、ほとんどが皮下脂肪でできています。外側から与えられるショックからカラダを守るためのクッションの役割を担っています。また、体温の発散を防ぐことで、体温を一定に保つための役割も持っています。

 

肌をきれいに保つためのメカニズム

お肌には何もしなくてもキレイに健康に保つためのメカニズムがそなわっています。このメカニズムをしっかりと正常に機能させることが重要です。

ターンオーバー

表皮は内側から基底層、有棘層、顆粒層、角質層という4つの層でできています。基底層で作られた細胞が約19日間かけて細胞分裂をしていき、有棘細胞、顆粒細胞、角質細胞と形や構造を変えながら肌表面の角質層へ押し上げられていきます。そして約14日間角質層に留まったあと、垢やフケとなって体外に排出されていきます。

この一連の流れをターンオーバーちい、このメカニズムが正常に動いていくことで、常に一定の厚さの角質層をキープすることができ、若々しく健康的な肌を保つことができます。

バリア機能

表皮でも出てきたバリア機能は、ターンオーバーによって押し上げられた表皮細胞が薄い角質細胞となって角質層を構成します。すでにこれらの細胞は死んでいる状態なのですが、外的刺激から肌を守ってくれるバリア機能をになってくれます。

この角質細胞はおもにケラチンというタンパク質がレンガ状に積み重なることで形成され、0.1~0.3mmと非常に薄い層なのですが、細菌やウィルス、太陽光線といった外的刺激から肌をまもるバリアとなります。しかし紫外線のひとつであるUVAは、この角質層も透過して真皮に達してしまいます。

角質間皮質

角質層には、レンガ状に積み重なったケラチンを強固にする役割の角質間皮質が含まれています。角質間皮質にふくまれているセラミドという物質は水分をはさみこんでサンドイッチ状の構造を作り出す性質を持っていて、水分を角質層につなぎとめておくことができます。

この角質間皮質が働いてくれることで、夏場の日中に活動していても乾燥することなく水分を体内にとどめておくことができるのです。