すべての年代・肌質に共通するスキンケアに絶対必要な3つのステップ

どんな年代の人でも、どんな肌質の人でも、必ず必要な毎日のスキンケアが3つあります。肌の調子を整えるためには必ず必要な手順です。しかし自己流の間違ったスキンケアをしている人が少なくなりません。肌を健やかに保つためにも、これらのスキンケア3つのステップをしっかりと抑えましょう。

 

すべての年代・肌質に共通するスキンケア

毎日行わなければいけない重要な3ステップのケアがあります。それは「洗う」「潤す」「保湿する」の3つです。
日中に外出をしていたかどうかに関係なく、まずは洗顔料などを使って顔を洗います。肌に付着したホコリや汚れ、皮脂などを洗い流していきます。そして汚れを落とした肌に今度は化粧水や美容液などで、たっぷりと水分や美容成分を与えていってお肌を潤します。最後にそれらの水分を逃がさないために、油分を含んだ乳液やクリームなどをつかって肌の表面に膜をはります。

 

<STEP01 洗う>

石鹸や洗顔フォームなどを使って、肌についたホコリや汚れ、汗、過剰に分泌された皮脂を落とします。スキンケアのすべては、肌の汚れを落としてキレイにすることから始まります。

<STEP02 潤す>

化粧水や美容液は女性だけのものではありません。人はみんな洗顔することによって肌の水分や保湿成分が失われてしまいます。とくに男性は肌の水分量が多くありません。美容液や化粧水で補うことによって、しっかりとお肌に潤いを与えます。

<STEP03 保湿する>

乳液などの脂分を塗って皮脂の膜を作ることによって肌を保護し、美容液や化粧水で補った水分を保護します。ベタつきが気になる方や、脂症の方などは、目元や口元などの乾燥が気になる特定の部分だけでも保湿しましょう。

 

前述の3つの基本の他に、注意した方がいいのがUVケアとシェービングです。

男性は毎日電気シェーバーやカミソリなどを使ってヒゲを剃る人が多いでしょう。肌にダメージを与えないように注意してシェービングしましょう。また、ヒゲを剃った後は必ず肌をケアが必要です。

また、男性も日焼け止めは必須です。紫外線というのは肌にとって有害な性質がたくさん含まれています。夏はもちろんですが、冬などでも紫外線の量は変わりませんので、外出が多い人の日焼け止め(UVカット)は必須です。