すべてのスキンケアの基本は正しい洗顔から

肌についてしまった汚れや、過剰な皮質などを落とす洗顔は、すべてのスキンケアの始まりです。なにわともあれ、健康でキレイな肌を保つためにも、正しい洗顔方法を知ることが何よりも重要です。

毎日行なっている洗顔ですが、たんに肌の汚れを落としたり過剰な皮脂を落とすだけではありません。化粧水や乳液などの美容成分を受け入れやすい状態にしてくれる大切な役割があります。

ちなみに肌に付着する汚れにはどんな種類があるかわかりますか?日常生活でついた埃や排気ガスなどの外的物質と、自らの肌が分泌した古い皮脂や油、汗、垢といった内的物質の2種類です。これらは放置しておくことで、雑菌や細菌の栄養分となって肌へダメージを与えてしまいます。そうならないためにも、しっかりと洗顔して肌を守っていきましょう。

それでは具体的な洗顔方法についてです。歳をとってもキレイな美肌でいるためにも、ただしい洗顔方法をしっかりと身につけましょう。

STEP01 顔全体をぬるま湯でぬらす

顔を洗う前の準備として、まずは手を石けんでしっかりと洗いましょう。顔を洗う手が汚れていたらそもそも意味がないですよね。そして髪の毛が邪魔にならないようにヘアバンドなどでまとめます。準備が整ったら、ぬるめのお湯で顔全体をたっぷりとぬらしていきます。この時かならずぬるま湯でぬらしましょう。「熱いお湯にすれば毛穴が開いて汚れが落ちやすくなる…」なんて思う人もいるかもしれませんが、実際にそんなことをしなくても普通に皮脂は落とせます。逆に熱すぎるお湯は赤ら顔などの原因にもなるので注意が必要です。

STEP02 洗顔料を泡立てる

洗顔料を手のひらにとって、水分を含ませながら泡立てていきます。手だけでは難しい時などは泡立てネットなど、泡立てやすいアイテムもあるので、それらを利用してふっくらとした泡を作りましょう。最初はふわっとした泡を作るのがうまくできないかもしれませんが、そのふわっとした泡が肌を摩擦から守る役割をしてくれます。泡立ちが足りてない状態で洗顔してしまうとかえって肌を傷つけてしまうのです。慣れればかならずできるようになるので、頑張ってふわっとした泡を作りましょう。

※泡が立ちやすい洗顔料や、その逆に泡が立ちにくい洗顔料もあります。おすすめの洗顔料は別ページでご紹介いたします。

STEP03 Tゾーンから洗う

顔の中でも皮脂の多いTゾーン(おでこと鼻筋部分)に泡をのせていきます。中指と薬指のお腹部分で泡を円を描きながら軽く汚れと馴染ませるイメージです。

STEP04 Uゾーンを洗う

次にUゾーンを洗っていきます。頬や目元、口元まであわを広げていきます。目元は皮膚が薄く敏感なので優しくなじませていきましょう。

STEP05 ぬるま湯ですすぐ

ぬるま湯を使って手早く洗い流します。手で肌をこすらないように注意しましょう。生え際や耳周りなどに泡が残りやすいので、そこもしっかりと洗い流します。あとはタオルで顔をおさえるようにして水分を吸い取っていきます。ここでもゴシゴシと拭いたりしないように注意しましょう。

 

洗顔する上で必要なことは、余分な皮脂をしっかりと落とすことです。これが実践できていないために、肌老化を早めてしまう人が少なくありません。洗顔後に残ってしまった皮脂は酸化されて過酸化脂質に変わります。これがシミやシワの原因となるのです。

また、洗顔は朝と晩の2回おこないます。朝は寝てただけだから…と考える方もいますが、寄る寝ている間にも皮脂や汗が分泌されており、またホコリなどの空気中の汚れも付着しているので、肌は意外と汚れています。これらを取り除くためにも、朝の洗顔もかかさないようにしましょう。