20代の肌-男性ホルモンが多く皮脂分泌がもっとも盛んな年代

  • 男性ホルモンが活発で皮脂の分泌量が多い
  • 顔がテカリやすくニキビなどの悩みも多い
  • 皮脂と水分が多いのでバリア機能が強力

10代から20代の男性の肌は、皮脂腺に働きかけて皮脂の分泌を促進させる男性ホルモンが活性化しており、皮脂の分泌量が非常に多いのが特徴です。思春期が過ぎた成人後でも顔全体が脂っぽくなっていて、テカリやニキビに悩んでいる人は少なくありません。また、20代では仕事におけるストレスや不摂生などが原因での肌荒れや吹き出物も多くなります。

ただ脂と同時に水分量も多いため、表皮の角質層は潤いを保っていて、外からの刺激をしっかりと守ってくれるバリア機能がとても強く働いています。そのため肌荒れといったトラブルは少なく、ニキビ以外の悩みは少ないです。

お手入れの方法としても、20代までのお肌であれば、洗顔と保湿、そしてUVケアといった基本的なスキンケアさえしていれば、特別なことは必要ありません。

 

テカリが気にならない人は逆に危険!?

20代までで肌のテカリや脂っぽさが気にならない人は逆に乾燥肌の可能性があります。年代のわりには肌のテカリやニキビに悩むことは少ないのですが、反面、歳をとっていくと皮脂の分泌が低下して乾燥やかゆみ、シワ、ひび割れなどの症状に悩まされることも少なくありません。そんな方は今の若い内からしっかりと保湿ケアを習慣づけておくとよいでしょう。また、日焼けなどは肌へのダメージも大きいので、余裕があればUVケアもしましょう。

 

20代の朝ケア:余計な皮脂を落としつつ、しっかりと保湿を

20代の男性は朝起きるとすでに顔がテカっていたり、脂っぽい人が多いです。そのため朝からしっかりと正しい洗顔をして、余分な皮脂を落とす必要があります。ただし洗顔だけで終わらせてはいけません。そもそも洗顔というのは、必要な皮脂まで落としてしまうため、そのまま放置してしまうと肌が乾燥を防ごうとして皮脂の分泌を盛んにしてしまいます。ただでさえ多い20代の肌にはニキビの原因となってしまいます。洗顔をしたら肌全体に化粧水で潤して余計な皮脂の分泌を抑えます。脂症な人でも乾燥しやすい目元や口元だけでも乳液をつかって保湿をすることが重要です。

 

20代の夜ケア:肌の状況を見て保湿方法を選ぶ

肌についた一日分の汚れやほこり、余分な皮脂などを落とすために洗顔は必須です。同時に洗顔で落としすぎてしまった水分と油分はしっかりと補いましょう。そんなに脂が気にならない人は、化粧水だけにして乳液による保湿をしないで、肌が自然に分泌する油分に任せるという選択肢もあります。しかし乾燥しやすい人や日焼けして肌がダメージを受けた時などは、必ず保湿してケアする必要があります。自分の肌のコンディションを考えながら、最適な保湿方法を選びましょう。