30代の肌-皮脂分泌量が減ってきて肌老化が始まる年代

  • 20代にくらべると皮脂の分泌量が低下
  • 肌老化によってシワやたるみがあらわれる
  • 皮脂が少なめの人は乾燥によるトラブルが増加

女の人がよく言う「お肌の曲がり角」は25歳ですが、男性の場合は30歳を超えてからの人が多いです。皮脂の分泌量が低下してくることで、肌乾燥に悩まされる人が多くなってきます。とくに20代の頃に皮脂の分泌量に悩まされて来なかった人などは、乾燥による痒みや赤みなどがあらわれる人も少なくありません。逆に脂症でお肌のテカリなどに悩まされてきた人は、30歳以降からそういった悩みから開放されてきます。

どちらにしても30代は肌質が大きく変化する年代です。これまでどおりのスキンケアでは合わなくなることも多いので、一度見直してみてください。

 

シワやたるみ、シミ、くすみが出る前に

30代後半に差し掛かってくると真皮のコラーゲンが減少しはじめるので、シワやたるみなどの肌老化がみられます。気をつけないと回復できないほどのほうれい線や目じりのシワなどができてしまいます。また、フェイスラインの崩れなども、肌のたるみによって生じてきます。脂肪がついている場合などは、その重みによってさらにフェイスラインが崩れてしまいます。

30代では肌のターンオーバーも少なくなってくるため、肌内部にできたメラニン色素が排出されずシミやくすみとしてあらわれてきます。コラーゲンを減らさないためにも、肌のターンオーバーを促してコラーゲンを増やす作用があるレチノールなどが配合された美容成分入りのスキンケア用品を使って早めのアンチエイジング対策を心がけていきましょう。

 

30代の朝ケア:洗顔あとには必ず保湿とUVケアを

30代にもなると皮脂の分泌量が低下して、肌が乾燥しやすくなってきます。朝の洗顔をした後には必ず化粧水と乳液をつかった保湿を徹底して行なっていきましょう。とくに乾燥しやすい目元や口元などには乳液などの脂分でしっかりと保湿しましょう。また、外出時には必ずUVケアを忘れないようにしてください。紫外線は肌へのダメージを着実に積み重ねていきます。30代以降はそれらがシミやシワとなって肌にあらわれてきます。シミが出やすい頬や目元、そしてこめかみ部分には重点的に日焼け止めをぬるなどして紫外線カットを心がけていれば、長くきれいな肌を保てます。

 

30代の夜ケア:美容液を活用して肌に必要な栄養を補給

30代の夜のケアは、朝以上に保湿に気を使っていきましょう。「寝る前だから」と乳液を使ってこなかった人でも、夜だけは保湿効果の高いしっとりタイプの乳液を使うことをおすすめします。とくに乾燥しやすい冬場などはクリームなどの保湿力が高いスキンケア用品を選ぶようにしましょう。また、コラーゲンの減少が始まってくるので、シワやたるみなどの肌老化を感じる前に、美肌成分が含まれた美容液を活用してアンチエイジング対策をしておきましょう。