吉祥寺周辺のエステ情報!クチコミ情報の見方と選び方

吉祥寺周辺は、エステサロンは多く点在しています。
もともと若者が多く、活気のある場所で、ここ数年で、エステや美容外科、皮膚科が乱立していると言っても良いでしょう。

脱毛の施術は医療機関での医療レーザー脱毛、痩身ではキャビテーションや脂肪吸引など様々な種類があります。
これだけの店舗があると、迷ってしまうのですが、それだけ選択肢が多い点でいうと、恵まれていると言えますね。

おすすめ情報などは、ネットなどで入手できますが、クーポンなどを利用することもできます。
上手なところ、安い所、雰囲気が良いところなどを選ぶことができますね。

口コミ情報などはとても多いのですが、気をつけたいのはその日付です。
カウンセリングが良かった、勧誘はなかった、評判が良いなどの話題が多いですが、エステシャンやスタッフの離職などで、その通りになっていないこともあります。
ただ、店舗内のサービスやインテリアについての情報は確かでしょう。

吉祥寺周辺はメンズエステも多いです。
医療機関提携の所もあり、安心して施術を受けることができます。
例えばひげ脱毛などは、数十分の施術になりますから、昼休みの予約で行なうことができるなど、融通が効きます。

相場的には、そんなに高くはないですが、もともと高い設定のエステなどもあります。
そのような情報にしても、吉祥寺のエステ情報はとても多いので確認されることをオススメします。

吉祥寺のエステ情報はこちら>>吉祥寺脱毛

有名店も多いですから、行きたいエステにも簡単に行けるのが便利ですね。

全身脱毛で注意したいこと!納得できる施術を受けるために

全身脱毛はエステや美容クリニックで行うことが出来ます。
自己処理ではなかなか出来ないことですし、回数もかかります。
たいてい◯回コースの形で契約し、施術することになりますね。

ネームバリューのある銀座カラーでは、赤ちゃん肌。
シースリーは、最速脱毛が決め手。
ミュゼでもすっきり全身脱毛など、各エステでは特徴ある脱毛を受けることができます。

美容クリニックで言うと、首都圏を中心に湘南美容外科が有名ですね。
医療レーザー脱毛で、エステよりも短期間での全身脱毛が可能です。

ところで、全身脱毛は施術内容の違いや個人差が大きい施術です。
金額も脱毛する部分、予約回数などで差がでます。
ベストな施術として、脱毛し放題(無制限)のコースがあると、毛が多い方などは納得できる脱毛ができますね。

全身脱毛を受ける際に、注意したほうが良いことがあります。
機械で脱毛をする際には、予め毛を剃らなければならないのですが、全身となると難しいですよね。
それができなければ、全身脱毛ができないケースもありますし、シェービング代を払えば、全てエステなどで行ってくれる場合があります。

ホームページなどの情報では不明な部分も多い全身脱毛ですが、必ずカウンセリングを受けて、どこまでの脱毛ができて、追加料金の有無なども必ず確認してください。
脱毛料金は安くなっていますが、全身となると、相当な金額になります。

また、ホームページには書いていなかったことがあったりしますから、質問事項などを見つけるため、カウンセリングの時に契約をせずに、時間をおいて考えてみることもオススメします。

美容液でおすすめ!プラセンタの効果がすごい!

お肌にとって大切なもの。それはハリとつややかなうるおい。
それが30代にもなってくると徐々に失われていくと言われています。

しかし、まだ20代のあなた!今のうちにうるおいチャージとハリを
お肌に届けてあげませんか?お肌はとても正直で、うるおいを蓄積することができるといわれています。

今のうちにお肌にたっぷりの美容液をあたえてあげることによって
お肌のハリやうるおいを30代になっても保つことができるのです。
私もこの前友人に美容液 おすすめのをサンプルで渡されましたが、
ちょっと肌に合わなかったかな(^_^;)

でも、どんなお肌にも合う。万能な美容液が存在するというのです!
それが、プラセンタという美容液です。プラセンタ配合!なんて
栄養補助食品などに書いてありますが、そのプラセンタを美容液にしたものですね。

プラセンタというのは、胎盤という意味をもちますが。カンタンにいいますと、胎盤から抽出されたアミノ酸にかわる成分の一種なのです。

つまり。人の体にとりこめば、肌の細胞を活性化させたりホルモンバランスをよくしたりするので、お肌にはとてもうれしい効果があるんです。

美容だけでなく、健康的な面でも注目されています。
ストレスの緩和や自律神経の修復など、メンタルヘルス面でも効果をはっきすると言われています。

プラセンタは色々な種類がありますが、中でも効果が高いとされているのが
馬プラセンタです。馬の皮脂は人の体の皮脂と非常によく似ていて。
馬油などが肌に浸透しやすいのは、似ているからなんです。

すべてのスキンケアの基本は正しい洗顔から

肌についてしまった汚れや、過剰な皮質などを落とす洗顔は、すべてのスキンケアの始まりです。なにわともあれ、健康でキレイな肌を保つためにも、正しい洗顔方法を知ることが何よりも重要です。

毎日行なっている洗顔ですが、たんに肌の汚れを落としたり過剰な皮脂を落とすだけではありません。化粧水や乳液などの美容成分を受け入れやすい状態にしてくれる大切な役割があります。

ちなみに肌に付着する汚れにはどんな種類があるかわかりますか?日常生活でついた埃や排気ガスなどの外的物質と、自らの肌が分泌した古い皮脂や油、汗、垢といった内的物質の2種類です。これらは放置しておくことで、雑菌や細菌の栄養分となって肌へダメージを与えてしまいます。そうならないためにも、しっかりと洗顔して肌を守っていきましょう。

それでは具体的な洗顔方法についてです。歳をとってもキレイな美肌でいるためにも、ただしい洗顔方法をしっかりと身につけましょう。

STEP01 顔全体をぬるま湯でぬらす

顔を洗う前の準備として、まずは手を石けんでしっかりと洗いましょう。顔を洗う手が汚れていたらそもそも意味がないですよね。そして髪の毛が邪魔にならないようにヘアバンドなどでまとめます。準備が整ったら、ぬるめのお湯で顔全体をたっぷりとぬらしていきます。この時かならずぬるま湯でぬらしましょう。「熱いお湯にすれば毛穴が開いて汚れが落ちやすくなる…」なんて思う人もいるかもしれませんが、実際にそんなことをしなくても普通に皮脂は落とせます。逆に熱すぎるお湯は赤ら顔などの原因にもなるので注意が必要です。

STEP02 洗顔料を泡立てる

洗顔料を手のひらにとって、水分を含ませながら泡立てていきます。手だけでは難しい時などは泡立てネットなど、泡立てやすいアイテムもあるので、それらを利用してふっくらとした泡を作りましょう。最初はふわっとした泡を作るのがうまくできないかもしれませんが、そのふわっとした泡が肌を摩擦から守る役割をしてくれます。泡立ちが足りてない状態で洗顔してしまうとかえって肌を傷つけてしまうのです。慣れればかならずできるようになるので、頑張ってふわっとした泡を作りましょう。

※泡が立ちやすい洗顔料や、その逆に泡が立ちにくい洗顔料もあります。おすすめの洗顔料は別ページでご紹介いたします。

STEP03 Tゾーンから洗う

顔の中でも皮脂の多いTゾーン(おでこと鼻筋部分)に泡をのせていきます。中指と薬指のお腹部分で泡を円を描きながら軽く汚れと馴染ませるイメージです。

STEP04 Uゾーンを洗う

次にUゾーンを洗っていきます。頬や目元、口元まであわを広げていきます。目元は皮膚が薄く敏感なので優しくなじませていきましょう。

STEP05 ぬるま湯ですすぐ

ぬるま湯を使って手早く洗い流します。手で肌をこすらないように注意しましょう。生え際や耳周りなどに泡が残りやすいので、そこもしっかりと洗い流します。あとはタオルで顔をおさえるようにして水分を吸い取っていきます。ここでもゴシゴシと拭いたりしないように注意しましょう。

 

洗顔する上で必要なことは、余分な皮脂をしっかりと落とすことです。これが実践できていないために、肌老化を早めてしまう人が少なくありません。洗顔後に残ってしまった皮脂は酸化されて過酸化脂質に変わります。これがシミやシワの原因となるのです。

また、洗顔は朝と晩の2回おこないます。朝は寝てただけだから…と考える方もいますが、寄る寝ている間にも皮脂や汗が分泌されており、またホコリなどの空気中の汚れも付着しているので、肌は意外と汚れています。これらを取り除くためにも、朝の洗顔もかかさないようにしましょう。

美肌成分ってなに?そんなメンズに贈る基礎化粧品の選び方

男性の美容への意識が高まってきたことによって、各メーカーから男性向けの化粧品などがたくさん発売されてきています。種類も価格もたくさんあって、実際に薬局にいってもどれを選んでいいのかわからないですよね。

基礎化粧品を選ぶコツとしては自分のスキンケアの目的にあった美容成分がはいっているかをしっかりと確認することが大切です。保湿をしていきたいのか、シミを予防したいのか、しわやたるみのアンチエイジングをしていきたいのか、自分の目的にあったものを選ぶようにしましょう。

 

代表的な美容成分

セラミド

表皮の角質細胞の間を埋めるように存在する保湿物質です。肌の潤いを守る働きをしてくれるセラミドは、角質細胞をつなぎとめるセメントのような役割をはたしているのですが、それが足りなくなると角質細胞が剥がれ落ちてきてしまい、肌表面で粉をふいたような状態になり、肌荒れや乾燥が生じやすくなります。セラミドは年齢とともに生産量が減少してしまうので、それを補うためにセラミドを配合した化粧品が肌の水分量を高めてくれます。

コラーゲン

コラーゲンとはタンパク質の一種で肌の真皮にあります。繊維状の構造を作る性質があり、ゴムのような弾力もあるので肌のハリを支えてくれます。コラーゲンは生きた細胞ではないので、死ぬということはないのですが、古くなったものは酵素などで分解されてきてしまうので、非常にゆっくりとですが減っていきます。しかし線維芽細胞という細胞から新しく作り出されているので、少しずつ新陳代謝をしています。しかし40代以降になると急激に生産量が減少してしまい、その結果肌の弾力が失われてシワやたるみにつながります。このコラーゲンを増やすことがシワ対策のカギとなります。

ヒアルロン酸

コラーゲンや、そのコラーゲンをつなぐ線維のエラスチンで作られた網状の構造のつきまを埋め尽くすように存在しているゼリー状の物質です。ゼリー状のため弾力もあり、真皮の構造を安定させてくれます。また、このヒアルロン酸は水分保持力が非常にたかく、化粧品の中では保湿成分として配合されています。また、プチ整形にも利用されており、気になるシワの線にそってヒアルロン酸を注入していくことで、すぐにシワのクボミがふっくらとして目立たなくなります。しかし次第に吸収されてしまうので、効果の持続期間は約4~6ヶ月となっています。コラーゲンを注入しても同じような効果が得られるのですが、アレルギーの心配があるため、最近はヒアルロン酸注入が人気です。

天然保湿因子(NMF)

角質層の水分の約80%はセラミドによって守られています。そして残りの20%のうちのほとんどが天然保湿因子が維持しています。つまりセラミドの次に肌の保湿に貢献しているのです。ターンオーバーの過程で肌細胞がセラミドを作り出しますが、その時に一緒に天然保湿因子も作ります。アミノ酸、尿素、PCAなどをふくんでおり、角質肌細胞の中で水分を保持していますが、その保湿力は高くありません。冬場になって温度が下がると保湿力が低下してしまうのですが、肌なじみが良いので化粧水などによく使われています。また値段も安いのでおすすめなのですが、乾燥がひどい人には保湿力の高いヒアルロン酸やセラミドが配合されたものがおすすめです。

レチノール

ビタミンAの一種で。、体内に存在しています。真皮のターンオーバーを促してコラーゲンを増やす作用があるので、シワやたるみの対策に使用されています。目元の小ジワなどに特に効果的なのですが、効果が強い半面、刺激も強いので肌が弱い方には注意が必要です。また、日光にあたると効果が弱まってしまうので、ナイトケアに使うほうが効果的です。

 

化粧品の裏やパッケージに、どんな美肌成分が配合されているか記載されています。前述の美肌成分の何が必要かを考えた上で、自分にピッタリの美肌成分配合の基礎化粧品を選びましょう。

また一度開封した基礎化粧品はできるだけ1シーズン(3ヶ月)で使い切るようにしましょう。ほとんどの基礎化粧品は高温多湿の場所をさけての保存が推奨されています。ようするにお風呂場などでの保管は避けたほうがいいです。とくに乳液やクリームなどは乳化剤が配合されているので、腐敗などの危険もありますので、取扱いには十分に注意しましょう。

すべての年代・肌質に共通するスキンケアに絶対必要な3つのステップ

どんな年代の人でも、どんな肌質の人でも、必ず必要な毎日のスキンケアが3つあります。肌の調子を整えるためには必ず必要な手順です。しかし自己流の間違ったスキンケアをしている人が少なくなりません。肌を健やかに保つためにも、これらのスキンケア3つのステップをしっかりと抑えましょう。

 

すべての年代・肌質に共通するスキンケア

毎日行わなければいけない重要な3ステップのケアがあります。それは「洗う」「潤す」「保湿する」の3つです。
日中に外出をしていたかどうかに関係なく、まずは洗顔料などを使って顔を洗います。肌に付着したホコリや汚れ、皮脂などを洗い流していきます。そして汚れを落とした肌に今度は化粧水や美容液などで、たっぷりと水分や美容成分を与えていってお肌を潤します。最後にそれらの水分を逃がさないために、油分を含んだ乳液やクリームなどをつかって肌の表面に膜をはります。

 

<STEP01 洗う>

石鹸や洗顔フォームなどを使って、肌についたホコリや汚れ、汗、過剰に分泌された皮脂を落とします。スキンケアのすべては、肌の汚れを落としてキレイにすることから始まります。

<STEP02 潤す>

化粧水や美容液は女性だけのものではありません。人はみんな洗顔することによって肌の水分や保湿成分が失われてしまいます。とくに男性は肌の水分量が多くありません。美容液や化粧水で補うことによって、しっかりとお肌に潤いを与えます。

<STEP03 保湿する>

乳液などの脂分を塗って皮脂の膜を作ることによって肌を保護し、美容液や化粧水で補った水分を保護します。ベタつきが気になる方や、脂症の方などは、目元や口元などの乾燥が気になる特定の部分だけでも保湿しましょう。

 

前述の3つの基本の他に、注意した方がいいのがUVケアとシェービングです。

男性は毎日電気シェーバーやカミソリなどを使ってヒゲを剃る人が多いでしょう。肌にダメージを与えないように注意してシェービングしましょう。また、ヒゲを剃った後は必ず肌をケアが必要です。

また、男性も日焼け止めは必須です。紫外線というのは肌にとって有害な性質がたくさん含まれています。夏はもちろんですが、冬などでも紫外線の量は変わりませんので、外出が多い人の日焼け止め(UVカット)は必須です。

そもそも肌のことってしっていますか?

スキンケアしていこうと思ったはいいものの、いったい肌のことについてどれくらい知っているでしょうか。まず大事なことは自分の肌の状態を知ること。ということは、そもそも肌についてしっかりと知っておかないと、ちゃんとしたケアなんてできません。

そんな訳でまずはお肌についてお勉強していきます。

お肌ってなに?

お肌とは皮膚のことを指します。皮膚とは表皮・真皮・皮下組織の3つの層からなりたっています。それぞれに肌を健康に保つための役割と機能をもっているので、皮膚についてしっかりと学んでいきましょう。

表皮

皮膚の一番外側にある層で、外的な刺激から守ってくれます。表皮の部分には角質層があり、その角質層はバリア機能をもっていて、外からの細菌やウィルス、太陽光線などから肌を守ってくれます。また体内の水分を肌に閉じ込めておくためのフタの役割もしてくれています。

真皮

表皮の内側にある層で、厚さ1mm~1.5mm程度の層です。その層の約70%をしめていて、網目状張り巡らされているのがコラーゲン線維と呼ばれる組織です。そのコラーゲン繊維がしっかりと張っていることで、お肌にはハリと弾力があるのです。

そのコラーゲン繊維をつなぎとめる役目をしているのがエラスチン線維。お肌のハリや弾力を支えている大事な組織です。そしてその隙間を埋めるように存在しているのがヒアルロン酸などのゲル状物質です。このヒアルロン酸は水分を多く含んでいるため、肌に潤いをもたらしてくれます。

しかしこのエラスチン線維やヒアルロン酸というのは、加齢とともに減少してしまいます。それがシワやたるみの大きな原因となっていきます。

また、真皮の中には毛が生えてくる毛包や汗を出す汗腺、皮脂の分泌を促す皮脂腺、血管、リンパ管、神経といった様々な器官がそなわっていて、まさに皮膚本体といえる層です。

皮下組織

皮膚の一番内側にある皮下組織ですが、ほとんどが皮下脂肪でできています。外側から与えられるショックからカラダを守るためのクッションの役割を担っています。また、体温の発散を防ぐことで、体温を一定に保つための役割も持っています。

 

肌をきれいに保つためのメカニズム

お肌には何もしなくてもキレイに健康に保つためのメカニズムがそなわっています。このメカニズムをしっかりと正常に機能させることが重要です。

ターンオーバー

表皮は内側から基底層、有棘層、顆粒層、角質層という4つの層でできています。基底層で作られた細胞が約19日間かけて細胞分裂をしていき、有棘細胞、顆粒細胞、角質細胞と形や構造を変えながら肌表面の角質層へ押し上げられていきます。そして約14日間角質層に留まったあと、垢やフケとなって体外に排出されていきます。

この一連の流れをターンオーバーちい、このメカニズムが正常に動いていくことで、常に一定の厚さの角質層をキープすることができ、若々しく健康的な肌を保つことができます。

バリア機能

表皮でも出てきたバリア機能は、ターンオーバーによって押し上げられた表皮細胞が薄い角質細胞となって角質層を構成します。すでにこれらの細胞は死んでいる状態なのですが、外的刺激から肌を守ってくれるバリア機能をになってくれます。

この角質細胞はおもにケラチンというタンパク質がレンガ状に積み重なることで形成され、0.1~0.3mmと非常に薄い層なのですが、細菌やウィルス、太陽光線といった外的刺激から肌をまもるバリアとなります。しかし紫外線のひとつであるUVAは、この角質層も透過して真皮に達してしまいます。

角質間皮質

角質層には、レンガ状に積み重なったケラチンを強固にする役割の角質間皮質が含まれています。角質間皮質にふくまれているセラミドという物質は水分をはさみこんでサンドイッチ状の構造を作り出す性質を持っていて、水分を角質層につなぎとめておくことができます。

この角質間皮質が働いてくれることで、夏場の日中に活動していても乾燥することなく水分を体内にとどめておくことができるのです。

自分の肌について自分で知ること

ここ数年で、身だしなみに気を使う男性は増えてきました。メンズエステやメンズ脱毛といった男性の美容が一般化してきました。しかし、スキンケアは未だに女性のものといったイメージが多いのも事実です。

スキンケアは決して女性だけのものではありません。清潔感のあるキレイな肌というのは、男性にとっても大事な要素です。もちろん私のようなおっさんでも同じです。ただ、健康で清潔感のある肌というのは、それだけで相手に好印象を持ってもらうことができます。営業現場やお仕事のお付き合い、もちろん女性とのお付き合いでもとても大事なことです。

お風呂にはいって髪や身体をキレイにするのと同じように、おじさんとなっても積極的にスキンケアにチャレンジしていこうと思います。

 

まずは肌の状態を知ることから

年齢や環境、性別、生活週間などによって、肌の状態というのは大きく変わってきます。

20代のころのような皮脂の分泌が盛んで水分の多い肌と、皮脂量が減って乾燥しがちな40代のお肌では、肌トラブルやケアの方法などは違って当然です。まずは自分の肌がどんな状態なのか、今起きている肌トラブルの原因は何なのか、そしてその対策をしっかりと理解していくことが重要です。

20代から30代に歳を重ねていくことで、肌は大きく変化していきます。必要なケアやニキビ、毛穴の黒ずみ、シミ、しわなど、悩んでいる人がおおい肌トラブルを解消するためには、まずはしっかりと自分にあったスキンケアのテクニックを学ぶ必要があります。

顔や性格に一人ひとりの個性があるように、お肌の状態も100人いれば100通りあります。ひとりとして同じ人はいません。まずは自分の肌の状態をしっかりと学んで、どのようなスキンケアが必要かを考えていきます。

このブログをきっかけに、ご自身のお肌にあったスキンケア方法を見つけてもらえたら幸いです。